金沢美術工芸大学の学生さんの工場体験、砂型鋳造で卒業制作試作品づくり

11月11日(木)

金沢美術工芸大学では毎年4年生が集大成としての卒業制作に取り組み、金沢21世紀美術館で展示が行われます。今年も、卒業制作のお手伝いで青銅の試作品づくりに取り組みます。

本日の金沢は雨、冬に近づく鋳物工場で鋳型づくりを体験してもらいました。




青銅の重量感、質感を試作するため、産業用機械部品で制作するような木型は作らず、

3Dデータから樹脂型をひとつ作ります。


その樹脂型を型として、手込め(職人が一つ一つ手作りで造作する)で鋳型を作ります。


製品面は細かな砂地を表現するため、

お菓子作りのように砂をふるいます。





鋳型表面の水分を飛ばして、



1,200℃で精錬した青銅を流し込みます。


学生さんは、自分でデザインした型をから製品が生まれる、ものづくりの流れを体験しました。

どのような卒業制作が完成していくのか、とても楽しみですね。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示