純度の高い金属素材を溶かし、型に流し入れ、冷やし固める鋳造加工は、複雑な形状の部品を作ることができるため、産業機械や建築の部品、日用品、美術工芸品など、私たちの生活の至るところで用いられております。

金森合金は長年培ってきた自社内精錬技術でフォーナイン(純度99.99%)の素材配合を実現。日本が誇る「H -ⅡAロケット」の部品素材を供給しています。

 

その他にプレス機械部品、各種ポンプ部品、自動車関連部品、食品加工機械部品など幅広い業種で、お客様のご要望に応じた製品を1個から柔軟に製作致します。

ロケット部品素材を供給する

高精度の鋳造技術

Our High Precision Technology 

H_IIA_No_edited.jpg
©︎ NASA / Bill Ingalls
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

・インゴット(純素材)

・新聞印刷用の刷版

・廃番となった製品

・削り粉

江戸時代から引き継がれる
循環型ものづくり

Our Circulation Manufacturing 

300年の歴史を誇る金森合金は、創業以来自社内精錬技術による

「循環型ものづくり」を継承してきました。

ロケット部品素材の供給を実現させた高精度な精錬技術を強みに、純素材や廃盤となった製品、削り粉などを配合・溶解し、日本産業規格に適合した素材に循環させています。 ​

 

「アルミ合金」の場合、新聞印刷時に使用されるアルミ版を800°Cの高温で溶解、不純物を除去し高純度アルミニウムを生成することで、製品へと生まれ変わります。

 

金森合金はこれからも循環型社会の構築に寄与する製品・サービスを提供するとともに、次世代に向けた環境保全と循環型ものづくりの継承を目指します。

動画で体験するファクトリーツアー